スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お蔭で その2

今回いただいた役は本当に私がやっていいのかなぁと、ずっと心の奥の方で不安を持ちながらやっていたのですが、不安を持ちながらも楽しみながらできたのは、

3こ1

矢本真有香ちゃん(左)と、西田夕華ちゃんのお陰です。


二人とは銀河鉄道に一緒に乗りこんで、ずっと3人で行動するのですが、本当に可愛くて、気づけば傍にいてくれて、本当に本当に幸せな時間でした。


この二人で本当に良かったです。

二人とも本当にありがとう。

大好きです!
スポンサーサイト

マダムヤン

今回ほど共演者の方に支えていただいた公演はないと思います。

もちろん全員に支えてもらったのですが、とくに支えていただいのは


マダムヤン

及川規久子さん(真ん中)と日永貴子さん(右)。

やっぱり自分よりも先輩の方がいてくださるというのは、それだけで心強いというのもありますし、お二人とも本当に素敵な方で、一緒にいさせてもらうだけで楽しくて、元気になれました。

稽古を観に来てくださったイズムの山本香織お姐様に3人まとめて『マダムヤン』とあだ名をつけていただきました。

そして、自分達でも勝手に劇中の学校の授業中の登場人物の名前を

及川さん→キッコーニャ

日永さん→ヒナガルラ

池下→アチャリ

とつけて遊んでおりました。


まぁ、授業のシーン、ちょっと遊びが過ぎて、ええ大人の役者が若い可愛い後輩をいじめてる感が漂う時もありましたが・・・。てへ。



またお二人とも共演させていただけたら嬉しいです。


及川さん、日永さん、本当にありがとうございました。

大好きです!!

STARDUST MEMORY  読劇「銀河鉄道の夜」 終了しました

劇団ほどよし STARDUST MEMORY  読劇「銀河鉄道の夜」 終了しました。


どんな芝居でもそうなんですが、今回ほど全員が全力でがんばって、全員で力を合わせないとできない芝居はないと思います。

最初から最後まで、どのシーンもみんなの息、思いを受けながらやることができ、本当にあの12人、あのスタッフさんでやることができたことが幸せだったなぁと思います。


個人的には小劇場のすみっこにいる人間である自分が、憧れの存在である大塚さんが演出する舞台に出られたことも、本当に幸せでした。


ずっとずっと不安だった2ヶ月半でしたが、打ち上げの大入りを渡して頂く時に、大塚さんからいただけた言葉は本当に本当にこれからの自分の支えになってくれると思います。


宮沢賢治の世界を大塚さんの優しい暖かい目を通して、2ヶ月半入りこむことができたのも、本当に幸せでした。


稽古に見学に来てくださっていた大先輩の皆様を含め、公演に関わった全ての方に、本当に感謝しています。

ありがとうございました。


そして、ご来場いただけた全てのお客様、本当に本当にありがとうございました。

2日目

2日目も終わってしまいました。

あと1日。

あと2回。

あと2回しか、あの芝居はできないんだなーと思うと、凄く寂しくもあります。

そして、あと2回。後悔のない、あと2回であるように、今から台本を読みなおします。


銀河鉄道の夜の世界を、こんな形で立体化し、美しいところをより美しく抜き出し、組み立てて、演出の大塚さんは本当にすごいと思います。


まだまだ大塚さんの頭の中の世界に追い付けていません。


あと1歩、全員であと12歩、前へ進みたい。


銀河鉄道へのご乗車は、明日の13時と17時の2回きりです。


少しでも心惹かれる方は、是非是非お越しください。

ご予約していただいてなくても、受付で「池下のチケットで」と言っていただければ、前売り料金で入っていただけます。


心より、心より、お待ちしております。

初日終わりました

初日が終わりました。

暖かいお客様に観ていただけて、良かったです。


でも、もっともっと精度を上げて、もっと演出の頭の中で描かれている作品に近づくように、全員で力を合わせてがんばろうと思います。

明日は15時と19時、あさっては13時と17時です。


お待ちしております。

芸術創造館への行き方

日付が変わってしまいました。

いよいよ本日が本番です。

演出の大塚さんが思ってらっしゃる世界をちゃんと表現できたら、本当に凄い作品になると思います。

あと少し、全力でがんばろうと思います。

ちょっとでも気になる方、銀河鉄道の夜に興味をお持ちの方は是非是非劇場へお越しください。


では、恒例の劇場への行き方です。


①最寄駅は地下鉄谷町線の千林大宮です。
 3番出口を出てすぐの信号を渡って左に進んでください。
 しばらく進むと「大宮1」の交差点に着きます。

②その信号を渡って右(郵便局と美容室の間の道)に曲がります。
 そのままひたすら進みます。
 結構ここから心が折れそうなぐらいまっすぐ進みます。

③心が折れそうなぐらいで左側に税務署があります。
 もう少しです。

④その隣が消防署があります。
 もう少し!

⑤公営住宅の隣のバス停のある建物が『芸術創造館』です。
 正面向かって左側の入口を入ってまっすぐ進むと左にエレベーターがありますので3階へ来て下さい。



時間に余裕がある場合は、梅田から市バスの78系か83系で『旭区役所区民ホール前』で降りていただくと目の前です。(でも、バスってドキドキしますよね・・・。しません?)


あと、座席が今回舞台を挟んで2方向にあります。

入口から見て、左側の3段の客席側の方に私が主にいますので、そちら側に座っていただけると、私が結構観れます。

「池下は別にそんなに観なくていいよ。物語をしっかり観たいよ」

と思う方も、まぁまぁそうおっしゃらずに、3段の方に座ってくださっても物語はしっかり楽しんでいただけます。


心より心より、お待ちしてます。



最後の稽古

連日の稽古で家にいる時間がほとんど取れず、更新できてませんでした・・・。

そんな間に稽古の日々はどんどん過ぎて、明日はいよいよ劇場入りです。


大切な最期の稽古なのに、中に入り込み過ぎて、全然外に向かって出せてなくて、反省・・・。

何年芝居やっとんねん・・・。


お話は本当に素敵です。


すごく深く、でもとてもわかりやすく、銀河鉄道の世界が描かれています。


改めて銀河鉄道の夜を読み返すと、本当に宮沢賢治の文章の美しさと、発想の豊さに驚きます。

そして、今回のお話はその中の本当に美しいところ、そして物語の思いがギュッと詰め込まれています。


銀河鉄道の夜を読んだことのある方も、読んだことのない方も、きっと楽しんでいただけると思います。


是非是非、あさってからの公演に足をお運びください。


↓↓↓


劇団ほどよし第7回公演
STARDUST MEMORY
読劇「銀河鉄道の夜」

作・演出 大塚雅史
(DASH COMPANY)

《公演日時》
2012年11月23日(金・祝) 19:00
24日(土) 15:00 19:00
25日(日) 13:00 17:00

《料金》
前売り:2000円 当日:2500円

《場所》
大阪市立芸術創造館

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

受付で『池下のチケットで』と言っていただけば、ご予約なしでも前売料金で入っていただけます。

本当に素敵なお話です。

本番まであと1日。

12人全員が1歩ずつ進めば、12歩前に進めるはず。

最後まで全員で、そして本番は会場のお客様皆様と、銀河鉄道にちゃんと乗れるようにがんばろうと思います。


お待ちしております。

テーマ : 演劇・劇団
ジャンル : 学問・文化・芸術

勝つか負けるか

稽古は順調に、楽しく進んでおります。

楽しいことがいっぱいあるんですが、書けない・・・。

書いても大丈夫な楽しいことが起こりましたら、書かせていただきます。


それにしても、ほんと、急に寒くなりましたね。


去年はコタツを出したの12月ぐらいだったと思うんですが、もう出さないと厳しいかなぁと思っていたところ、父に


「おい、そろそろコタツ出さんのか?」


と言われる。


私「うん。もうちょっと後かな。」

父「ふーん。そうか。」

私「うん。なんかさ、負けた気がするやん?」

父「ほぉ、なるほどなー。・・・・・・・・・・負けて、ええんちゃうか

他に、勝たなあかんことあるやろ。」

私「あるねー。珍しくええこと言ったねー。」

父「たまにはな。」


こんなアホな会話を交わしましたが、勝ち負けはともかく、公演が終わるまでコタツはやめとこうと思います。

絶対、コタツで寝ちゃうからね・・・。


寒いが続きますので、皆様風邪などひかれませんように。
プロフィール

池下敦子

Author:池下敦子
大阪で役者をやっています。

30GP無事終了いたしました。ありがとうございました。
オパンポン創造社が優勝、池シタアツ子の美カモト響が準優勝しました。

ご来場いただいたお客様、本当にありがとうございました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。