大原遠足 3

三千院を堪能しまくった我々三人。

ようやく三千院を後に

三千院出口

(まるで絵画のような美しいヨッシーさんの後ろ姿。写経の効果あり?)

するかと思いきや、思い出したように記念撮影。

三千院記念撮影

写真を撮って下さった(撮らされた)方は、一眼レフのカメラを持った男性だったんですが、
この男性に螢ねーさんがご自分のデジカメの使い方を聞きまくる・・・。

写真を何回も撮らされ、おまけに初めて見たカメラの使い方の説明を求められ、迷惑だったことでしょう・・・。


記念撮影も終わり、三千院を出た我々。

時間は3時。

河原町からバスに乗ったのは11時前。

12時には着いてたはずなんですが、3時間も・・・。

三千院が盛りだくさんなのか、我々が楽しみ過ぎなのか・・・。


あれほど試食しまくりの我々でもさすがにお腹がすいたので、ご飯にすることに。

三千院の門を出てすぐのお蕎麦屋さんへ。


京都といえば、にしんそば~~~。

大原お昼ごはん

なんですが、どうしても天ぷらそばにしちゃう・・・。

海老好きだからか・・・。

優しいお味で、とっても美味しかったです。


遅いお昼ご飯を終えて、さぁ、どうしましょう?


私「このまま進むと『音無しの滝』というのがあります。それを見るか、バス停へ戻って『寂光院』へ向かうか、どうします?」

ヨッシーさん「寂光院かなぁ」

私「じゃぁ、戻りましょうか?」

ここで、方向音痴の私はしばし来た道を見失う。

私「・・・こっち、でしたっけ?」

ヨッシーさん「ちょっと待って・・・」

と、おもむろにリュックからガイドブックを取りだす。

ヨッシーさん「あ、こっちやわ」

私「あの・・・」

ヨッシーさん「こんなん持ってるんやったら、はよ出せっちゅうねん!な!」

私「・・・地図あるなら、着いてすぐに観光案内所探さなくて良かったじゃないですか・・・」

ヨッシーさん「あはははは~」

あはははは~、じゃ、ない・・・。


三千院を目的に大原にやってきて、三千院を後にしてからガイドブックを出す。


自由だ・・・。


気を取り直して『寂光院』へ。


寂光院へ

寂光院へ向かう道が本当にのどかで、初めて来たのに、どこかで見たような懐かしい景色でした。

紅葉は三千院のは少し見ごろを外れてたんですが、寂光院へ行く道はまさに見ごろ。

寂光院御陵

ただ、残念なことに寂光院に着いた時には拝観時間が終わる直前だったたので、入るのは諦めて、周辺の紅葉を楽しみました。

寂光院横

冬は日が暮れるのが早い。

街灯の少ない場所は突然夜がやってくる。

すっかり暗くなったのを限にバス停へ戻り、大原を後にしました。


大原、楽しかったぁ~。


また遠足行きたいなぁ。









スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

むっちゃ良いですね☆
紅葉見に行きたかったんですが、行けなかったので
この写真で気分を味わいます♪

皆さんの楽しそうな情景も想像出来て
更に羨ましいっす☆

Re: タイトルなし

そんなふうに言ってくれて嬉しいです。
写真いっぱい撮った甲斐がありましたv-398

遠足楽しかったよ~。そのうち一緒にどこか行こうね。
プロフィール

Author:池下敦子
大阪で役者をやっています。

KAMEYAMAKAN vol2~生存 トワ キロ リミット~
無事終演いたしました。
ご来場くださったお客様、本当にありがとうございました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR