海外で使える豆知識

『銀河鉄道の夜』には宮沢憲治の宗教観がちりばめられている。

宗教観でもあるし、哲学でもあるし、彼の生き方の真ん中にあった思いがちりばめられている。

そこをわからないと表現できないものがいっぱいあるなぁと思いながら稽古をしているのですが、やはり難しいです。


先日、愛すべき天然の友人と、先月モンゴルに一人旅をしてきたお姉さんと私の3人でご飯に行ってきたときに、たまたま『宗教』の話になる。


海外に行くと、日本人の多くの人のように宗教を持たない人は本当に稀だし、宗教を持たない時点でかなり馬鹿にされたり、「神とは・・・」と言った話を熱く語られたりするそうな。


『持つ』人には『持たない』人が奇異な存在に思え、『持たない』人には『持つ』人の思いに理解が及ばない。


自分にないものがある状況を再認識するのが異文化コミュニケーションの楽しさではあるけど、難しいものだなぁと思いながら話を聞いていたところ、天然の友人が


「私、海外でそういう話になった時に一番良い言い方知ってます!!」


と言う。

へぇ、それは聞いておこうじゃないか。何?何?


「そういう時は、『私は宗教に寛大です』って言うといいんですよ」


「へぇ~。で、英語ではどういうの?」


「それは、知らないです!」


知らんのかい!!

じゃあ、使えないじゃないか・・・。


「でも、宗教に寛大ですって言うといいんですよ!」


ちなみに『寛大』を和英辞典で調べてみましたが・・・generous、tolerant、leneient indulgent …etc.

いっぱいあって、どれかわからん・・・。


でも、そのレベルの英語がわからない人はきっと海外に行ってお互いの宗教の話をするなんてシチュエーションには縁がなさそうだから、大丈夫かもね・・・。


海外によく一人旅をしているお姉さんは海外で宗教の話になった時は『仏教徒=Buddhist(ブッディスト)』と答えるそうな。


たぶん、そっちの方が使えるな。

でも、自分が英語で言えないのにその話をぶっこんでくる彼女が大好きだわ。


『私は宗教に寛大です』を英語で言える語学力をお持ちの方は、是非お使いください。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:池下敦子
大阪で役者をやっています。

KAMEYAMAKAN vol2~生存 トワ キロ リミット~に出演します!
○日程
6月9日(金)19時~
10日(土)13時30分~/18時~
全3回公演(開場は開演の1時間前)

○会場
K-wave(神戸ハーバーランド 赤煉瓦倉庫内)
○チケット料金
2500円(別途1ドリンク500円要)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR