思えば遠くに

昨日の雪、凄かったですねー。
そして、やはり今日には跡形もなく・・・。


昨日はあの雪の中、田舎のじいさんのところへ行ってきましたー。

バレンタインのチョコを渡しにではなく、おばあちゃんの十三回忌の法事をやってきました。

正月に確認したところ、おじいさんは何もしないというので、それもどうなんかなーということで、兄が音頭を取り、孫中心でやりましょうとなりました。


何人か集まったところで、叔母が

「おばあさんの十三回忌、ほんまは去年やらなあかんかったんよ」

い・・・今、言っちゃう?それ・・・。
まー今年で13年目だし、そのへんはゆる~い感じやればいいんじゃないの?ということで、全員集まってお経が始まる。


中学校ぐらいまで盆と正月、私・兄・従姉弟の4人はおじいさんとおばあちゃんの間に川の字になって仏間で寝ておりました。

その仏間で、兄がみんなに声をかけ、去年実家のお寺を立派に継いだ従弟がお経をあげる。

なんだか物凄く、大人になったんだなーと思う。


13年前の私は、まだ思春期をひきづっていたこともあり、常に感受性のスイッチが全開だった。

物心ついてから初めての身内のお葬式。

あの時の私は、腹を立てないでいいことで腹を立て、傷つかないでいいことで傷ついていた。

そう思えるようになったのは、まだ最近のことだけど・・・。


うちのおばあちゃんは、無口な人で、まんまるい顔で、いつもにこにこしてる人だった。


法事が終わって、みんなでご飯を食べる。

去年生まれた従弟の息子があまりにも似ていないという話から、『〇〇は誰に似ている』という話になる。


「あっちゃんは、お父さん似よ。池下家の顔よ。」

「そうかなぁ」


池下家の人々はみんなおばあちゃんに似てきている。みんなまんまるな顔で、基本にこにこしている。

私もあと何十年かしたら、まんまるな顔で、にこにこできるのかなー。


でも、そう考えるとあのにこにこしていたおばあちゃんも、若い頃は私のように小さいことでぎゃーぎゃー騒いでいたのだろうか・・・?


今日あの仏間で、本来なら去年なのに孫達がうるさいので何故だか今年呼び戻されたおばあちゃんは、みんながわいわいしてるのを、にこにこ見てたんだろうなー。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:池下敦子
大阪で役者をやっています。

KAMEYAMAKAN vol2~生存 トワ キロ リミット~に出演します!
○日程
6月9日(金)19時~
10日(土)13時30分~/18時~
全3回公演(開場は開演の1時間前)

○会場
K-wave(神戸ハーバーランド 赤煉瓦倉庫内)
○チケット料金
2500円(別途1ドリンク500円要)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR