スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そうだったのか

鎌倉旅行記、その2。

生しらす丼を堪能した私は再び江ノ電に乗る。

『江ノ電』という趣のある電車が鎌倉の方で走っているということは知っていたのですが、それ以上の知識が全然なく、乗って初めて知りましたが、『江ノ電』って単線なんですね。

単線、つまり線路が1つしかない。

行きと帰りを同じ線路の上を通る。

普通電車に乗ると、右側は反対側から来る電車の線路があるので、空間があるのですが、江ノ電はそれがない。

1本しか線路が無かったら、電車がぶつかるじゃないか?とか、行った電車が終点について引き返すまで乗れないじゃないか?など疑問があるかと思いますが、いくつかの駅が

江ノ電 1

こうなってます。

で、

江ノ電 2

電車が来ると

江ノ電 3

こうなる。

面白い。

一部区間だけ路面電車になっていたり、海岸沿いを走って車窓から海が一望できて江の島が見えたり、電車に乗っているだけで凄く楽しい。

平日の人の少なそうな日に来て、何往復もしてみたいなぁ。


江ノ電に揺られ、大仏様のいる最寄駅、『長谷』に到着。


大仏といえば、関西人の私にとっては『奈良の大仏』。

ものすごーーーく勝手なイメージで、駅を降りたら奈良のようにお土産物屋さんが参道に並んでいて、その通りを歩いていたら正面に大仏様がどーーーーーんといらっしゃる、と思っておりました。

しかし、駅を降りると普通の道路。
お店は確かにあるんですが、観光地感はなく、普通の国道って感じ。

進んでいくと

大仏

看板があって、お寺(高徳院)が。

お寺の中に更に塀があり、拝観料を支払う受付がある。

拝観料を払って、木戸をくぐると、

鎌倉大仏

ようやく大仏様にお会いできます。

そして、なんと

鎌倉大仏中

大仏様の中に入れちゃう。

大仏背中

後ろ姿だって拝見できちゃう。

いろいろと予想外で、楽しかったです。


鎌倉旅行記は明日も続きます。

そして、鎌倉の大仏様を見て、不謹慎にも自分がこないだ演じた一人芝居『5Mの女』ってこんな感じなのか?(←実際は大仏様は座られてる状態で11.312m。立ち上がられたらおそらく5mちゃんの3倍)と一瞬思ってしまった池下敦子が受付でお待ちしている『王様大脱走』のご予約はこちらです。→http://ticket.corich.jp/apply/58181/002/




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:池下敦子
大阪で役者をやっています。

KAMEYAMAKAN vol2~生存 トワ キロ リミット~
無事終演いたしました。
ご来場くださったお客様、本当にありがとうございました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。