代表作

あと1日だけ、こぼれ話にお付き合いを。

30GPというより、『久しぶりのはじめまして』と『最後の晩餐』のこぼれ話。

『久しぶりのはじめまして』は、何度か書いてますが、私と野村くんと響さんの3人の思い出となる作品のオマージュとか、野村くんの響さんへの思いがガンガンに詰まっている。

いわば、野村有志から芝居を始めた頃にお世話になって、離れていた時間を経て再会した美香本響さんへの16年分のラブレターを、16年一緒に芝居をしてきた池下敦子が代わりに演じる形で代読しているという、我々の劇団時代の関係者が観たら涙なしでは観られない、知らない方にはなんのこっちゃわからない作品です。

知らない方にはなんのこっちゃわからない作品のはずなのに、たぶん、知らない人が見ても凄く面白く、そして、いろんな突き刺さる言葉の埋められた作品になってます。

『久しぶりのはじめまして』の台本できるの、すっごい速かったんです。
びびるほど速かった。
あまりの出来上がりの速さに、絶対面白くないだろうと思って読んだら、面白すぎてびっくりした・・・。

あいつ、すげー。

野村さん、書いてる時点である程度の演出プランも含めて書き上げるんですよ。

あいつ、ほんま、頭の中どーなってんねん。


そして、『最後の晩餐』

初演時に、突然話が変わってびっくりしたという話を以前書きましたが、私的にいろんな意味でお客様に観ていただく前に、不安満載でした。

台本が8割完成(書きあがって稽古もしているけど、まだ改定がある状態)の時の稽古帰りに野村さんが

「これはもしかしたらオパンポン創造社の代表作になるかもしれないです」

と言い出す。

「それはない!!!」

と即答する私とゴン駄々吉くん。

オパンポンの代表作は『ストラーーーイクッ!!!』だと思うし、そうあって欲しい。

30GPで再度『最後の晩餐』を上演して、途中のあるシーンで、あの台本の物凄い巧妙な仕掛けと、その仕掛けが発揮されるシーンがもしやこの作品の肝なん?と気づく・・・。

あいつ、すげー。

そして30GP優勝。結果、確かに『最後の晩餐』はオパンポン創造社の代表作の一つに・・・。

「代表作になるかもしれません」

と言った時には30GPにノミネートどころか、30×30にも出る前だったので、30GPの参加の可能性なんてほぼなかった時期・・・。

私が思ってた以上い野村有志、凄い人なのかもしれません・・・。

でも代表作は『ストラーーーイクッ!!!』であって欲しいなぁ・・・。


そんな野村有志の新作が上演される中の島春の文化祭はいよいよ今週土曜日ですが、そちらは完売ですので、もう一つの新作(こっちが最新作!!)が上演されるゲキバト!!是非、お見逃しなく!!

↓↓↓
『劇団対抗コントバトル~ゲキバト!!#3~』
5月17日(火) ロフトプラスワンウエスト
開場 18:30 / 開演 19:30
関西で活躍する人気劇団が、持ち時間15分のオリジナルコントで対決する、
完全ガチのコントバトル!

前売¥1,500 / 当日¥1,800(※別途1オーダー500円以上要)

※こちらは一度完売しましたが、増席が決定し、ご予約可能に。
ご予約はopanpon@hotmail.co.jpまで。
池下にご連絡いただいても大丈夫です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:池下敦子
大阪で役者をやっています。

KAMEYAMAKAN vol2~生存 トワ キロ リミット~
無事終演いたしました。
ご来場くださったお客様、本当にありがとうございました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR