FC2ブログ

こんなところで

今年は我が家の柚子は例年の3分の1ぐらいの収穫量でした。
叔母がお墓参りのついでに少し収穫してくれたようです。

柚子のシロップ漬けだけ作ろうかななぁ・・・。塩漬けも作ろうかなぁ・・・と迷っております。


書くかどうしようか迷ったのですが、今年あった嬉しかったことを。

2011年の9月に母が亡くなりました。

これ、ブログに書くの初めて。

昔からのお知り合いで、直接お伝えしていない方も何人かいらっしゃるのですが、お伝えしていない理由としては、亡くなった時、ちょうど私が芝居の本番前で、心配をかけられないと思い込んでしまい、年末に改めていろんな方にお伝えしようと思っていました。

が、いざ年末になったら、年の瀬のお忙しい時に、わざわざ心配をおかけすることをお伝えするのってどうなんだろう・・・と思ってしまい、言いそびれ、そのまま・・・という状況です。

水臭いと思われた方、すいません。


母が亡くなって、大変でしたという話がしたいわけではない。


8月に東京の従姉が遊びに来たお話を以前書いたんですが、その時のこと。


みんなで串カツ屋さんへ。

たこ焼き焼いたり、とんぺい焼きに感動してくれたり、変わった種類の串カツ食べたり、と楽しい時間を過ごす。


食べ終わった時に従姉が食器を凄く綺麗に片づけて、テーブルの端に固めて、おしぼりでささっと汚れをふいていた。


私「うわー、えらいねー。飲食店でバイトしてるとやってまうよね」

従姉「あぁ、そうじゃなくてねー、おばちゃんがやってて、それ観ていいなぁって思って、ずっとやってるんよ」

私「おばちゃんてどこの?」

従姉「大阪のおばちゃんよ。」

私「うちの?   あぁ、そう。」


あぁ、なるほど。
こんなところに生きてるのか。

人は死んでも人の中で生き続けるって聞くけど、本当に思いもよらないところでちゃんと生きてくれてたのか。

従姉は父方の従姉なので、母と血は繋がってないんだけど、母の生き様がちゃんと生きてくれていて、もしかしたら、それが従姉の子供達の中に生きていってくれるのかもしれないなぁ。


ちょうどその日は、従姉達一家が母のお参りに一緒に行ってくれて、その後ご飯を食べていた時。


思わぬ形で母と会えた気がして、ちょっと嬉しかったです。


明後日は相変わらずのんきで元気いっぱいの父の誕生日です。

まぁ何もしないのだけど、いつも通り仲良く過ごそうと思います。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:池下敦子
大阪で役者をやっています。

KAMEYAMAKAN vol2~生存 トワ キロ リミット~
無事終演いたしました。
ご来場くださったお客様、本当にありがとうございました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR