ゴールデンな

おとつい父に従兄が外国の方を連れて大阪に遊びにくるらしいという情報が入る。

予定が空いてるなら一緒にご飯をということらしい。

「大阪やから串カツかなぁー」

と言ってるらしい。

大阪やからというより、池下家の生活ゾーンならってことだろうけど。

せっかく来てくださるなら新世界のベタな串カツ屋さんじゃなく、ディープなところへ行ってもらおうということで、さる名店へ予約を入れる。

私「で、外国の方って男の人?女の人?」

父「知らん」

従兄は親族中もっとも父に性格が似ている。

のんきな二人が情報交換すると、まぁそういうことになる。

というわけで、年齢性別国籍不明のままお会いすることに。

外国の方はオーストラリアの方で18歳の女の子でした。

お店へ。

ここのお店は結構変わった物も揚げてくれるお店で、なんと『たこ焼き』やら『赤飯』やら『酒カス』なんてものもある。

『赤飯』到着。

お店のお姉さんが

「赤飯は塩をしてあるんで、そのままでどうぞ~」

と説明してくださる。

一口食べる。

うーん、赤飯だ。
美味しい。

従兄「えーー?赤飯もソースで食べんの?(と、ソースをかける)」

おい、話聞いてた?

従兄「ひょえーーー。ソース味ーー。」

従兄の嫁「それ塩かかってるって」

従兄「赤飯なのにソースー!赤飯なのにソースー!」

従兄の嫁「さっきお店の人が塩かかってるって言ってたじゃろ?」

従兄「うっそじゃ~~。先行ってくれや~~。もうかけてもうたわ~~。」

なんだろう・・・この池下家の血が濃厚な感じ・・・。

延々うちの父と従兄の噛み合ってないようで噛み合った会話が繰り広げられ、果たしてオーストラリアから来て下さった彼女はどう思っているのだろう。


途中、醤油の話が出て

父「醤油はオーストラリアにありますか?」

と珍しくちゃんと質問。


彼女「はい。日本料理の店があるので、醤油もあります。『ソイソース』です」

父「Oh!しょうゆソース!」

違う。

違うけど、訂正するとややこしいのでほっておく。

すると、あまりに父がトンチンカンなのを見兼ねた彼女(18歳)が訂正してくれる。

彼女「ソイ・ソースです。」

父「おーーー、ソイ・ソースかーー。」

私「ソイ=大豆ね」

父「おーおー。」

従兄「ええええええーーー?!大豆??!!」

私「・・・うん。ソイは大豆やで」

従兄「ソイジョイも大豆?!」

そこ?びっくりするとこ、そこ?

私「・・・ええ」

従兄「知らんかったーーーーー」

私「いや、宣伝で言ってたよ。」

従兄「うっそじゃーー」

私「いや、田中麗奈ちゃんがちゃんと言ってくれてたよ。」

従兄「知らんかったーーー」

私「・・・大阪に来て良かったね・・・」

オーストラリアから来た女の子に日本の文化の一つを経験してもらおうと思ったのに、広島からやって来たおっさんが一つ賢くなってしまったゴールデンウィークの一日でした。

明日はこのメンバーで奈良でご飯を食べます。

オーストラリアから来た彼女が

「もう関西はコリゴリ」

となりませんように・・・。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:池下敦子
大阪で役者をやっています。

KAMEYAMAKAN vol2~生存 トワ キロ リミット~に出演します!
○日程
6月9日(金)19時~
10日(土)13時30分~/18時~
全3回公演(開場は開演の1時間前)

○会場
K-wave(神戸ハーバーランド 赤煉瓦倉庫内)
○チケット料金
2500円(別途1ドリンク500円要)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR