スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

指宿訪問記 ~指宿 1日目~

鹿児島中央駅から指宿へは1時間ちょっと。

電車の中では熟睡・・・。

懐かしの指宿駅到着。

改札を出ると友人が3歳になった娘を連れて待っててくれてました。


「あっちゃん!変わってないね~~~!!」


私も会ってすぐ、あまりの彼女の変わらなさぶりにびっくりしていたので、先に言われたなぁと思う。

子供できて、日々子育てにがんばっているのに、ほんと変わってない。


彼女の車に乗って、お家へ。


お家について、お土産をいろいろ渡す。


ここに来るまでの話をしたり、最近の近況を話す。


ほっと一息ついたところで、


「あっちゃん、砂蒸し行くでしょ?」


さすが長年の友人。私の行動パターンはお見通しである。


さささーーっとタオルと着替えを出してくれて、車で送ってくれました。


砂楽


砂蒸し会館『砂楽』。
指宿の駅から車で5分ぐらい。歩くと15分ぐらい。

砂楽前

建物の裏が砂浜。

入浴料900円。

浴衣を借りて、着替える。

砂浜に降りて行くと、砂浜に屋根のあるところがり、そこで砂に埋めてもらいます。

以前は屋根のない部分も歩いて波うち際を歩けたんですが、実はこの波打ち際の波。

激熱。

ちょっと、波で足を冷やして~と浮かれて足をつけると

『っっあああっつ!!!』

と叫ぶはめになる。

たぶん、苦情が出たのでしょう・・・。立ち入り禁止になってて寂しかったです。


以前来た時に比べると、かなり観光地化してるなぁという印象。


「目安は10分ぐらいです」

「やけどするといけないので、熱いと思ったら動いてくださいね」

「立つ時は気をつけてくださいね」


と、以前言われなかった注意をいっぱい言われる。


久しぶりなので、砂が重い。

「ぐえっ」

と心の中で叫びながら埋められていく。

暖か~~い。

屋根の向こうに見える空にゆ~~~くりトンビが飛んでいる。

波の音。

潮の香り。

ゆっくり流れる汗。


気持ちよかったです。

砂蒸し風呂あがり



砂蒸し風呂から出るとすっかり日が暮れてました。
また友人に迎えに来てもらい、家へ。


友人が晩御飯を作ってくれました。

ついでに私が持って行った551も出してくれる。


空港で大急ぎで買った551。


大人二人だから、4つ入り。


多いかなぁ。1個食べたら十分よねー。

と思って買っていったのですが、なんと3歳になる彼女の娘Mちゃんが肉まんが大好きだそうで

めいちゃんと551

Mちゃんの顔より大きい551を、ぺろり。

友人の分も半分もらって、ぺろり。

ど、どこに入ったの?

食卓に置かれている旦那さんの分を横目でチラリ。


「パパのも、ねらってます。帰ってきたら貰う。」


そんなに喜んでくれて、買っていって良かったよ。


友人の作ってくれた晩御飯を食べて、その日は眠りにつきました。

スポンサーサイト

テーマ : 旅行日記
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:池下敦子
大阪で役者をやっています。

KAMEYAMAKAN vol2~生存 トワ キロ リミット~
無事終演いたしました。
ご来場くださったお客様、本当にありがとうございました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。