指宿訪問記 ~観光へ その1~

弥次ヶ湯温泉で朝風呂を堪能した私。

友人に迎えにきてもらって友人のお家へ戻る。


今日は友人のお母さんも一緒に指宿近郊を観光予定。


友人のお母さんも何度かお会いしていて、自分でこんなこと書くのもなんだが、私とこのお母さんは

『相思相愛』。


お互い大好きなので、今日の久々の再会をとても楽しみにしていました。


再会の瞬間から、お互いにっこにこ。


最高に楽しい一日の始まり。

つけあげ

お母さんが買ってきてくれたアツアツのさつま揚げ(こっちの呼び方は『つけあげ』)を食べる。

あぁぁーー。美味しい。

友人の娘Mちゃんはこの写真に写ってるのを全部食べてました。どこに入ってるんだろう。ほんとに。


お母さんの車に私と友人と友人の娘が乗り込む。


友人「どっか行きたいとこある?」

私「開聞岳(かいもんだけ)が見られたらそれだけでいい。あと『そうめん流し』」


なんちゅうアバウトな答え。もっと調べていけよ私と思いつつ、甘えてみる。


開聞岳に向かって車を走らせてくれる友人。


車を走らせていると

鰻池


鰻池というところを通る。

池なのに、でっかいねー。

この辺りも温泉地なので、あちこちから温泉の蒸気が出ています。


友人「スメあるんじゃない?スメ見よっか?」


スメ・・・?

スメとはなんぞや?是非見たいぞ。

というわけで、スメを見に行く。


スメというのは温泉の蒸気を利用して調理をするように作った天然蒸し器というか、蒸しかまど。

この辺りのお宅はご自宅にだいたいお持ちだとか。


お願いすれば、スメを使わせてもらえるらしい。


公共のスメに到着。



スメ


せっかくだから卵を蒸してみる。5個で150円。(ちなみにお母さんに出していただいちゃったよ)


赤たまごを

蒸す

こうやって筵(むしろ)を被せて5分待つ。

5分て短くない?
温泉卵みたいな感じになるのかな?

5分経過。

できた

どうやら出来たらしい。

あっつあつのを新聞紙にくるんでもらう。

「どっか景色のいいところで食べよっか?」

というわけで、私の大好きな開聞岳の見える西大山駅へ。


開聞岳と黄色いポスト


西大山駅は日本最南端の駅。

後ろに見える美しい山が開聞岳です。

どうでしょう?この美しい円錐形。

美しいだけでなく、もう一つ素敵なことがあるんですが、それは後ほど。


西大山駅は無人駅。


昔は本当に何もなかったんですが、ここも若干観光地化されていて、幸せの黄色いポストと幸せの鐘が出来てました。

幸せの鐘を鳴らしていると、

電車が来た


なんと電車がやってきた!

電車が到着

単線なので、1時間に数本しか走ってないはずなのに、なんてグットタイミング。

いきなり幸せの鐘の効果が!!しかし、せっかくの幸せの鐘の効果を、これで使ってしまっていいのか?

ま、いっか。

駅構内

電車を見送って、さっきの卵を食べることにする。

できてるのかなぁ~。温泉卵みたいになってるのか・・・。

卵を食べよう


おおーーー!ちゃんと茹でられてる!

一緒に入れてくれた塩をつけてパクリ。

うっわ、ぷりっぷり。

普通の茹で卵に比べるとほんとにぷりっぷり。

半熟ぷりぷり

この絶妙な半熟。

お~~いしぃい~~~。


友人の娘Mちゃんは、なぜか黄身だけを食べている。

「黄身が好きなの?白身は嫌い?」

「にさいまではしろいのがすきだったんだけど、さんさいになったらきいろいのがすきになったから」

Mちゃんは『きいろいの』を2つも食べて、またしてもお腹がパンパンになってました。








スポンサーサイト

テーマ : 旅行日記
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:池下敦子
大阪で役者をやっています。

KAMEYAMAKAN vol2~生存 トワ キロ リミット~
無事終演いたしました。
ご来場くださったお客様、本当にありがとうございました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR