良いお年を

今年もあと何分かになりました。

大掃除も終わり、年越しそばも食べ終わり、紅白見ながらまったりしております。

今年は関わらせてもらった公演は

1月に三俣婦人会で声の出演、

6月にKAMEYAMAKAN2に出演、

11月にMayさんの受付お手伝い。

と、あまりお芝居に関わることのない一年でしたが、とても充実した良い一年でした。

亀山さんに声をかけてもらえたのが本当に嬉しかったです。
そして、久しぶりに再会した亀山さんが、たくさんの素晴らしい人達と一緒にがんばってこられたことが凄くわかる素晴らしい現場の一員になれて、本当に幸せでした。

亀山さん、KAMEYAMAKAN2の出演者の皆様、スタッフさん、関係者の皆様、そしてご来場のお客様、本当にありがとうございました。

今年は再会と出会いの多い年でした。

私は今まで出会った全ての人に対して、自分から『縁』を切らなければ、必ずまた繋がれると、信じているので、また来年どんな再会と出会いがあるか本当に楽しみです。

お芝居はお休みしているわけではないので、ご縁があればまた舞台に出る姿を観ていただけると思います。

その時に少しでも成長した姿をお見せできるように、日々精進しようと思います。

今年出会えた全ての方に、そして支えてくださった全ての方に、本当に本当に感謝しています。

ありがとうございます。

来年もどうぞよろしくお願いいたします。

どうぞ良い年をお迎えください。

タイトル意味深ですが、うちの親の話ではない。

今年あった嬉しかったというか感動した話。


7月に鹿児島の友人のお家に遊びに行かせてもらいました。

前に行った時は3歳だった友人の長女のMちゃん。

今年1年生になってました。

さすがに覚えてくれてはなかったですが、徐々に仲良くなれました。


お家に、けん玉が飾ってて、うわー懐かしいと思い、やらせてもらう。

実は、昔まーまー上手かったのです。


得意げに技を披露する私。

すごいなー。すごいなーと言ってくれるMちゃん。

「全然すごくないよ。ちょっと練習したらすぐできるようになるよ」

と、技のやり方を説明。

ちなみに技は『とめけん』。けん玉の玉を『けん』に入れる技です。


「まっすぐに玉を上げて、その下に持ってくれば絶対ささるよ。ささる時に、膝をしっかり使うことが大事」


とは言っても、今まで全然やったことない技を、いきなりザックリした説明でやらされても、そうそううまくはいかない。

でも、ちょっとずつちょっとずつ入りそうな気配が・・・


スコン


入ったーーーーーーーーー!!!!


この時の嬉しそうな顔。

こんな『はじめてできた時の嬉しい顔』を私がもらっちゃっていいのかしら・・・。と思いつつ、二人で手を取り合って喜ぶ。


「Mちゃん、凄いねー!!ちょっと説明しただけですぐできるようになるなんて、ほんと凄いねー!!!」

興奮した私がそういうとMちゃんは

「それはあっちゃんの教え方がうまいからだよ」

て言ってくれたんですよ!!!

凄くない?!

小学校1年生ですよ?!

なんて、いい子!親御さんの顔が観たい!!

あ、いた!!

「ちょっと!!今、Mちゃん初めてやってみた技ができたよ!!!」

と更に興奮して友達に伝えると、


「うん。観てたよー」

なんと、友達はMちゃんが一生懸命私に教えてもらいながら練習しているのを、階段の上から見守っていたそうです。

親!!

木の上で立って見ると書いて親!!!



そら、ええ子に育ってるはずやわ。

我が友人ながら、ほんと凄い人だなぁと感動した、夏の思い出でした。


また鹿児島遊びに行くよー。

こんなところで

今年は我が家の柚子は例年の3分の1ぐらいの収穫量でした。
叔母がお墓参りのついでに少し収穫してくれたようです。

柚子のシロップ漬けだけ作ろうかななぁ・・・。塩漬けも作ろうかなぁ・・・と迷っております。


書くかどうしようか迷ったのですが、今年あった嬉しかったことを。

2011年の9月に母が亡くなりました。

これ、ブログに書くの初めて。

昔からのお知り合いで、直接お伝えしていない方も何人かいらっしゃるのですが、お伝えしていない理由としては、亡くなった時、ちょうど私が芝居の本番前で、心配をかけられないと思い込んでしまい、年末に改めていろんな方にお伝えしようと思っていました。

が、いざ年末になったら、年の瀬のお忙しい時に、わざわざ心配をおかけすることをお伝えするのってどうなんだろう・・・と思ってしまい、言いそびれ、そのまま・・・という状況です。

水臭いと思われた方、すいません。


母が亡くなって、大変でしたという話がしたいわけではない。


8月に東京の従姉が遊びに来たお話を以前書いたんですが、その時のこと。


みんなで串カツ屋さんへ。

たこ焼き焼いたり、とんぺい焼きに感動してくれたり、変わった種類の串カツ食べたり、と楽しい時間を過ごす。


食べ終わった時に従姉が食器を凄く綺麗に片づけて、テーブルの端に固めて、おしぼりでささっと汚れをふいていた。


私「うわー、えらいねー。飲食店でバイトしてるとやってまうよね」

従姉「あぁ、そうじゃなくてねー、おばちゃんがやってて、それ観ていいなぁって思って、ずっとやってるんよ」

私「おばちゃんてどこの?」

従姉「大阪のおばちゃんよ。」

私「うちの?   あぁ、そう。」


あぁ、なるほど。
こんなところに生きてるのか。

人は死んでも人の中で生き続けるって聞くけど、本当に思いもよらないところでちゃんと生きてくれてたのか。

従姉は父方の従姉なので、母と血は繋がってないんだけど、母の生き様がちゃんと生きてくれていて、もしかしたら、それが従姉の子供達の中に生きていってくれるのかもしれないなぁ。


ちょうどその日は、従姉達一家が母のお参りに一緒に行ってくれて、その後ご飯を食べていた時。


思わぬ形で母と会えた気がして、ちょっと嬉しかったです。


明後日は相変わらずのんきで元気いっぱいの父の誕生日です。

まぁ何もしないのだけど、いつも通り仲良く過ごそうと思います。

観てきました

昨日『オパンポン☆ナイト ~だからイトオシイ~ 大阪凱旋公演』と、今日愛する響さんが出てらっしゃる『メガネニカナウ3』を観てきました。

響さんは、今日も素敵でした。
理知的なデキる女を颯爽と演じてらっしゃました。
可愛い響さんも好きですが、かっこいい響さんももちろん大好きなので、満足しております。

良い作家さん・演出家さんの作品を良い役者で役に合わせてキャスティングされていて、合間の転換・繋ぎも飽きさせることなく、楽しんでいただこうというプロデューサーさんの心遣いを感じる良いイベントでした。

『オパンポン☆ナイト』の方は、セプテンバーランチという川添公二さんをフューチャリングされた回で、去年野村くんがやって一人芝居と川添さんが、2本目の『ストラーーイクッ!!』を川添さんとちかさんが、そして最後は『最後の晩餐』という流れでした。

そう!!

念願の私と野村くん以外の人がしてくださる『ストラーーーイクッ!!!』が観られました!!

ほんまね、何回もてか、何十回?もやってる私がいうのはなんですが、名作ですよ。

ええ作品。

そしてええ作品を、ええ役者さんお二人にやっていただけて、当然素晴らしくて感無量。

終わって暗転した瞬間に一番に拍手しちゃいました。

心の中ではお二人にスタンディングオベーションでした。

ちかさんが可愛くて真っすぐでいじらしくて、やっぱり私にとっては自分がやった役は全て自分の分身なので、観ていて抱きしめたくなりました。

川添さんもベースは野村君のプランですが、やっぱり川添さんらしさが出ていて素敵でした。

『最後の晩餐』も自分との違いを楽しみながら観てました。

あと、やっぱりこんなん書くのダメかもやけど、オパンポンはお客様が最高!!!

もうずっと客席中に『楽しむぞーーー!!!』があふれてて、お客様全員が野村君が絶対楽しませてくれることを信頼している空気も最高でした!!

ぎゅうぎゅう満席の客席の中で、みんなが楽しそうで、ほんと凄い嬉しかったです。

終演後、何人かお声をかけてくださった方がいらっしゃって、とても有難かったです。


私は芝居はやめませんので、また何かの形で観ていただけるようにがんばります。


オパンポンは今日までですが、メガネニカナウ3は明日13時と17時の2回。若干お席あるようです。
会場はインディペンデントシアター1stです。

ご予約は→https://ticket.corich.jp/apply/86573/018

師走がやってくる

Mayさんの公演が終わって、もう10日・・・。

今さらでございますが、ご来場くださったお客様、本当にありがとうございました。

久しぶりの受付全日付。
かなり至らないところだらけで、一緒に入ってくださった方にはバタバタと対応をしていただくことになって、申し訳なかったなぁと思っています。

そして、一緒に入ってくださった方のお陰で、楽しく、大きな問題も出ず終えることができました。

まっぴーさん、ケンさん、リョンナ、ちかよ姉さん、この場をお借りして、本当にありがとうございました。

受付スタッフみなさんのお陰で、本番も1回、ちゃんとゆっくり観ることができました。

稽古を2回も観ているのに、あるシーンでうっかり泣いてしまいました。

これがあるからMayは怖いぜ。

なんだかんだで10年以上のお付き合い。

お互い年を重ねながらも、いつまでも尊敬できる先輩で居続けてくださるMayの皆さんなんですが、今回は歳を重ねたからできる作品をしっかり観させていただいなぁと思いました。

一人の人の人生の終わる時の、家族たちの姿。

それぞれの年代、それぞれの関係性、それが台詞にないところでしっかり描かれている。

ちゃんと描かれているから、うっかり自分も家族の輪に入っているような、少し俯瞰で見ているような、それでいて、自分の家族の同じような体験を追体験するような。

でも、それって嘘が1ミリでも入ってしまったら全部壊れてしまう。

恐ろしい作品・・・。

役者で観ている人は、怖いなぁ・・・って絶対思ったと思います。

本当に良い作品に関われて幸せでした。

そんな素敵な作品、『四神四季』。

なんと!もう観劇三昧さんで観ることができます。→http://kan-geki.com/sp/member/play.php?id=908
有料ですが、1ヶ月980円で他の劇団さんも観放題ですので、明日から師走でお忙しいとは思いますが、よろしければ是非!

2017年もあと1ヶ月。

どうか良いご報告をして終われますように。

皆様、どうかお体に気を付けて、師走をお楽しみください。
プロフィール

Author:池下敦子
大阪で役者をやっています。

KAMEYAMAKAN vol2~生存 トワ キロ リミット~
無事終演いたしました。
ご来場くださったお客様、本当にありがとうございました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR